ピアノの樹〜自分の力を思い出す〜

星読み学び中のひろが星読みを通じて学んだや感じたことを書き連ねています🌳オーラ・チャクラリーディングも行なっております。

実況中継すると当事者にならない

皆さんこんにちは。
嫌な場面に遭遇してしまった時、自分が直接言われているわけでも関係がない人であっても嫌な気分になるものですよね。
いわゆるHSPの方は他の人が怒られているときに当事者になりやすいから尚更疲弊してしまうのだと思います。

人間は感情が動くと当事者になってしまいます。
ということは、嫌なことが起きているところに出くわしたとき、感情を動かさないようにするにはどうしたらいいのか?
その場面を実況中継することです。

スポーツの実況中継の人は、その場にはいませんよね。
遠くから解説していて、画面に映るのは解説者としての紹介があるときのみ。
ずっと遠くから見て、その場の話をしています。だから当事者にはなりえませんね。
では事件事故災害現場からの中継は?
確かにその場にいますが、あくまでその場からの中継であって、その瞬間には立ち会っていませんよね。
だからその人たちは当事者ではないんです。

たまに解説者に選手たちが絡むときもありますが、それが波長があっている状態ということ。
選手ならまだいいけど嫌な場面で波長を合わせないことが重要で、感情が動くとそれだけで波長が合いやすくなるから当事者となるんです。

ということで、何か嫌だなぁと感じるような場面に遭遇した場合は自分の中で実況中継してみてください。
(追記:以前は「心の中で」と表記していましたが、それだとずれちゃう可能性もあるので、自分の中でという表記に変えました。
声に出さずに、というくらいのニュアンスで捉えていただければと思います。
勿論お一人の時は声を出してみてもいいですよ。)
「あ、この人機嫌が悪い」とかね。
感情が出ないようにするにはその場面をずっと実況してるといいです。
「凄い喧嘩してる。怒鳴り合ってる。怒鳴ってる。二人共イライラしてる。全然引かない。あら凄いこと言い出した。」って。
ラジオの野球中継みたいにずっと喋ってると、怖いとか嫌だとか悪い感情が出る隙を与えさせません。
「機嫌が悪いから嫌だなぁ」とか「機嫌が悪くて怖いなぁ」とか思うと波長が合って当事者となり、嫌な気持ちになることが起きたり怖くなるようなことに巻き込まれます。

実況中継というのは、自分目線ではなく客観視なので感情が湧きにくいのだと思います。
自分目線で見てしまうと感情が揺れ動きます。
自分の世界に入れたくないものは、実況中継して感情を出さないようにしましょう。

並木良和さんのこの言葉も素敵だなぁと思って見ていました。
https://www.instagram.com/p/CUYcJXsB3d6/?utm_medium=copy_link
今日お話しした実況中継もある意味では平和な意識だと思います。
争いや歪み合いからも遠くなりますし、私の領域に立ち入らせないという強さでもあると思います。

平和な世界を作るためにも簡単なことですので、皆さんも意識してやってみてくださいね。

★オーラ・チャクラリーディングのお申し込みはこちらから
hiro-pianotree.hatenadiary.com
もしご自身で努力してあり方を変えても不安だったりうまくいかなかったりしたら、オーラ・チャクラリーディングを利用して原因を探るのも一つの手かと思います。
モニターにご参加頂いた方のアンケート内容も参考になると思いますので是非ご一読いただけると嬉しいです。
hiro-pianotree.hatenadiary.com

★インスタグラムは「hiro_pianotree」です。
https://instagram.com/hiro_pianotree